2011年04月27日

スロートレーニング



スロートレーニングとは、
●名前の通り動作をゆっくり行うトレーニング法です。
●加圧トレーニングと同じ考え方です。収縮した筋肉の圧力で血流をわざと悪い状態にされ続けると、実際にかけた負荷より、高い効果が得られるます。
●筋肉内の血流を制限し続けると、『激しい運動をした』と同じで、筋肉を修復しようと、成長ホルモンの分泌が活発になります。
スロートレーニングでは通常の方法より、軽い負荷でも、重い負荷で行なったときと同程度の効果が得られる。
スロートレーニングのメリットは、関節が痛めにくく、脳、心臓に負担がかかりにくい。

スロートレーニングの効果的なやり方【メタボ対策ダイエット】
スロートレーニングは、運動の間、筋肉の緊張を保ったままにすることがポイント。
スロートレーニングを利用してダイエットをしたい人は、スロートレーニングと有酸素運動(ウォーキングなど)を組み合わせると効果的。
●体や物を持ち上げる動作、下げる動作に、それぞれ約3秒ずつかける。
●上げる動作では息を吐き、下げるときに息を吸う。
●一つの運動を5〜10回を目安。
●筋肉痛が引くのに合わせて、週2回ぐらい行う。

■腹筋を鍛えるスロートレーニング
●床に仰向けになり、腕を体の横につけ、両足を少し浮かせて1秒止めてからスタート。
●膝を抱え込むようにお尻を浮かせて戻る。
・この動きを5回から10回行なってください。
・スロトレの基本は、筋肉に力を入れたまま、動作をゆっくりと行うこと。ゆっくりと行うのは、ゆっくりではないと、力がぬけてしまいます。


スロートレーニングのメリットは、
●関節が痛めにくく、また、血圧が上がりにくく、脳や心臓に負担がかかりにくいため、以下のような方におすすめです。
・ひざ痛の方
・腰痛の方
・高血圧の方
・動脈硬化の方

スロートレーニング効果
・腱・靭帯・骨を丈夫にする
・新陳代謝によるアンチエイジング・若返り・肌がきれいになる
・低体温にも効果的だと考えられます。

美しい体なるため試してみてください。

本物のスロートレーニング紹介はこちら>>>
本物のスロートレーニング





posted by スロートレーニング at 01:02| スロートレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。